オータムフェスティバルin龍野と刻の記憶の様子

本竜野駅前からスタート。

本竜野駅連絡通路には現在、「巨大エコキャップアート」が展示されています。

これは、ペットボトルのキャップ約1万個で姫新線を描いたもので、龍野北高校生がデザインし、小学生42人が作ったそうです。12月1日(土)まで展示されています。お越しの際はぜひご覧ください。

本竜野駅前にも美術作品が展示されていますので、お楽しみください。

揖保川の東西に会場がまたがっています。

オータムのほうは、このような布が目印となっています。

食べ物や物販のお店などがあちこちにできています。

お食事どころやトイレも、会場となっている地区には何ヶ所もあります。

にゅうめんが食べれるところもあります。

町並みをめぐりながら徒歩でお楽しみください。

「刻の記憶(参考)」は、醤油蔵などを中心に展開されています。

かなり斬新なものもありました。

こちらのイベントは有料です。

裏にスタンプが押せるようになっている、このパスポートを見せて会場に入るようになっています。

ところで紅葉のほうはこんな感じです。

聚遠亭の木

こちらも聚遠亭。

こちらは紅葉谷の入口。

ちょっと登ったあたり。

ーーーーーーーーーーーーー

オータムフェスティバルの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です