新宮図書館企画展 没後80年 大上宇市の残したもの

広報たつの11月10日号によると下記のようになっています。

本年は、明治から昭和初期に活躍した博物学者「大上宇市」の没後80年にあたります。

近年の調査で、大上宇市の採集した標本は、県外や国外の各地に残されていることが明らかになってきました。本展では、これら各地に残る標本等の資料の概要を紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日時:11月27日(土)~12月26日(日)10時~18時 火曜休館

会場:新宮図書館

料金無料

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連イベント

①大上宇市ウォーク

日時:12月4日(土)9時30分~

場所:篠首公民館集合

参加費:100円(保険代等)

定員:30名(要事前申し込み、先着順)

コース:篠首公民館~篠首八幡神社・コヤスノキ~大上宇市生家~大上宇市顕彰碑・コヤスノキ(市指定天然記念物)~鍋子坂の地蔵(造立200年)~天王山・牛頭天王神社~篠首公民館

②講演会「大上宇市と交流のあった人々」

日時:12月19日(日)14時~

会場:新宮図書館

講師:義則敏彦(歴史文化財課専門員)

参加無料

定員:30名(要事前申し込み先着順)

申込方法:①②は電話申し込み

申込先は広報に掲載。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。