令和3年度 第1回 宍粟学講座 古文書からみた宍粟のたたら製鉄

チラシによると下記のようになっています。

江戸時代の古文書から読み取れる宍粟郡のたたら製鉄の調査成果について、わかりやすく解説いただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーー

講師:笠井今日子さん(西宮市立郷土資料館学芸員)

日時:8月21日(土)14時~15時30分(受付13時~)

会場:宍粟防災センター 5階ホール(0790-63-2000)

定員:先着50名(感染症対策のため、事前申し込み必要)

備考:手話通訳・要約筆記あり・受講無料

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

講師プロフィール

西宮市立郷土資料館で歴史資料の調査を行うかたわら、ひょうご歴史研究室(兵庫県立歴史博物館内)で、主に宍粟のたたら製鉄に関する古文書について調査・研究をされています。

※コロナの状況により中止になることがあります。

※事前に健康チェックの上、マスク着用でご参加ください。発熱のある方や体調のすぐれない方は、参加ご遠慮ください。

ーーーーーーーーーーーーーーー

申込・問い合わせ

宍粟市教育委員会 社会教育文化財課

でんわ:0790-63-3117

ファックス:0790-63-1063

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です