(第38回)姫路城 観月会 2020 オンライン

チラシによると下記のようになっています。

新型コロナウイルス感染拡大防止のためライブ配信のみ行います。

演奏会場には立ち入りできません。

ーーーーーーーーーー

開催日時:10月1日(木)18時30分~20時

ーーーーー

配信時間:18時30分~20時

プログラム(予定)

オープニング

郷土芸能演奏 和太鼓(太鼓集団一擲)

司会者・ゲストトーク

郷土芸能演奏 箏(姫路邦楽文化協会)

姫路特産品PRタイム:twitter連動プレゼント生抽選会

好古園特設ステージ

郷土芸能演奏 三味線(中村卓也)

姫路の中学生三味線奏者中村卓也さんのステージ

スペシャルライブ

Novelbright(ノールブライト)

姫路出身の竹中雄大さんがボーカルを務めるロックバンド

エンディング・動画合奏「夢ある姫路(まち)」

姫路百祭シロトピアのテーマソングをみんなで歌い継ぎます。

ーーーーーーーーーーー

ゲスト:桂南光 司会:原田昌子

ーー

特設サイト:http://himeji-machishin.jp/himejijo-event/

姫路ケーブルテレビでも見れます。

〇Twitter連動プレゼント企画あります。特設サイトへどうぞ

〇観月会応援セットも特設サイトで販売しています。

〇観月会メッセージ募集:観月会へのメッセージサイト内の応募フォームで募集しています。メッセージは会場に設置の月のパネルに掲示。

ーーーーーーーーーーーーーー

問い合わせ

姫路城イベント実行委員会

079-240-6023

兵庫県立歴史博物館特別展 女たちのひょうごー千姫から緒方八重までー

チラシによると下記のようになっています。

昔の女性はどんな暮らしをしていたのか、兵庫ゆかりの女性はどんな人がいるの

ーーーーーーーーーーーーー

期間:10月3日(土)~11月23日(祝)

開館時間:10時~17時(入館16時30分まで)

休館日:月曜(11月23日(月祝)開館 11月24日(火)は休館)

料金:一般1,000円、大学生700円、高校生以下無料

障害者及び70歳以上の方は別途割引あり

障害者一人につき、介護者一人は無料

団体で来館の場合は事前にお問い合わせください。

・前売り券 800円 10月2日まで販売

(博物館受付、姫路市立美術館友の会、中井三成堂、姫路山陽百貨店、(公財)姫路市中小企業共済センター、姫路市文化国際交流財団)

博物館ホームページに、オンライン予約や感染対策がかかれていますのでお読みください。

ーーーーーーーーーーーーー

・れきはくアカデミー

10月10日(土)14時~15時30分「仏教と女性ーあの世とこの世ー」

講師:藁科育美さん(学芸員)

当日受付 定員50名(先着順)参加費無料 地階ホール

・県立美術館・博物館魅力発見事業 館長トーク

10月31日(土)13時30分~15時30分

「女性史研究ってなあに?-江戸の女たちの魅力を語るー」

ゲスト:沢山美果子さん(岡山大学大学院社会文化科学研究科客員研究員)、柴桂子さん(桂文庫主宰、近世女性̪史研究家)、べティーナ・グラムリヒ=オカさん(上智大学国際教養学部教授)

当日受付、定員50名(先着順)、参加費無料、地階ホール

・講演会

10月25日(日)14時~15時30分

「史料と文学作品からみた千姫像」

講師:甲斐史子さん(姫路文学館学芸課長)

当日受付、定員50名(先着順)、参加費無料、地階ホール

・歴史講演会

11月22日(日)14時~15時30分

「自若として驚かず~巨大商社鈴木商店の女主人鈴木よねの生涯~」

講師:村上早百合さん(神戸新聞社姫路本社代表)

当日受付、50名(先着順)参加費:300円(友の会会員は無料)地階ホール

・連続歴史講座

①10月24日(土)、②11月7日(土)、③11月14日(土)全3回14時~15時30分

「古文書に親しむ(江戸時代の女性の手紙)」

講師:大黒恵理さん(学芸員)

事前申し込み 申込期間9月23日(水)~10月7日(水)定員20名、参加費無料、地階体験ルーム

ーーーーーーーーーーーーーーーー

兵庫県立歴史博物館

079-288-9011

姫路文学館特別展 樋口一葉その文学と生涯

チラシによると下記のようになっています。

明治の小説家樋口一葉と、日本の保育事業に新たな道を切り開いた姫路出身の野口幽香を取り上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

期間:10月3日(土)~11月23日(祝)

会場:姫路文学館北館

開館時間:10時~17時(入館は16時30分まで)

休館日:月曜(11月23日は開館)11月4日(水)

観覧料:一般700円、大高生400円、中小生200円

※20名以上の団体2割引き ※常設展示も閲覧可

会期中一部展示替えあり

ーーーーーーーーーーーーーー

記念イベント:いずれも、姫路文学館講堂(北館3階)参加無料

〇展示解説会

10月11日(日)①11時~12時 ②14時~15時(開場は各回30分前)

講師:学芸員

定員:各回80人(当日先着順)、申込不要

〇記念講演会

日時:10月17日(土)13時30分~15時(開場13時)

講師:山本欣司さん(武庫川女子大学教授)

演題:樋口一葉を読み直す『たけくらべ』『にごりえ』を中心に

定員:80名(要申し込み・9月30日(水)必着)

〇朗読会

日時:10月31日(土)13時30分~15時(開場13時)

出演:音訳ボランティアグループサークルさえずり

定員:50名 要申し込み10月15日(木)必着

申込方法

往復はがきもしくは姫路文学館ホームページ(受講申し込みフォーム)のいずれかで

①イベント名②郵便番号③住所④氏名⑤電話番号を明記し

姫路文学館 〒670-0021 姫路市山野井町84番地まで

ーーーーーーーーーーーーーー

マスク着用願います。

混雑を緩和するため、入場制限することがあります。

ーーーーーーーーーーーー

姫路文学館

079-293-8228

GIはりま オンライン一斉乾杯

チラシによると下記のようになっています。

ーーーーーーーーーーーーー

日時:9月27日(日)17時45分~18時30分

乾杯セレモニー・ゲストステージ

参加無料・荒天時中止

日本酒好きなインスタグラマー集まれ、オンライン乾杯で盛り上がろうという催しです。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

GIはりまとは

地理的表示(GI)とは、例えば「シャンパーニュ」と名乗るためには、特定の地域内かつ、一定の基準や品質を満たして生産される必要があるように、国や地域名をブランドとして保護する制度です。

播磨地域22市町の酒蔵で兵庫県産山田錦を原料に使うなどの厳しい条件を満たして醸造された日本酒のみ「はりま」を名乗ることができます。

ーーーーーーーーーーーーー

GIはりま日本酒サポーター募集

9月27日姫路城で開催予定のセレモニーに合わせ、オンライン参加を盛り上げていただく「GIはりま日本酒サポーター」を募集します。

サポーターの皆様にはセレモニーに合わせてはりまの地酒をインスタグラムで発信していただきます。

応募者の中から抽選で100名の方に事前にはりまの地酒セットをお届け。セレモニーで一緒に乾杯しよう(締切期限があります)

ーーーーーーーーーーーーーーー

問い合わせ

神戸新聞事業社姫路支社

079-285-2701

ーーーーーーーーーーーー

参加申し込み、チラシ、QRコードなどのあるページ

https://www.city.himeji.lg.jp/shisei/0000014031.html

ひめじサポステ業界人の話を聞こう!未来セミナー2020 9月

チラシによると下記のようになっています。

企業で働く先輩や、経営者・人事担当者の方に働くためのヒントや業界の話などを伺います。

ーーーーーーーーーーーーーーー

講師:パラスポーツフェスはりま実行委員会

パラスポーツを通して障害を考える

※障害のある人もない人も一緒に楽しめる運動会を作ろう!というテーマでパラスポーツフェスはりまという試みをされています。どのような思いでこの試みをされていらっしゃるのか「パラスポーツフェスはりま2020」のイベントについてなどお話しいただきます。

ーーーーーーーーーーー

日時:9月17日(木)13時~15時

会場:ひめじ若者サポートステーション

対象:無業の状態にある方(15歳~49歳)

参加無料

申込

ひめじ若者サポートステーション

079-222-9151

メール info@himeji-wakasapo.com

姫路市呉服町48 大手前通りハトヤ第一ビル6階

開所日:月曜~土曜(第2・第4土曜休み)10時~17時

身体障害者移動相談(2020年10月)

広報たいし9月号によると下記のようになっています。

身体障害者手帳を持つ肢体障害者を対象にした補装具の移動相談を行います。義手などへの助成はこの相談で判定を受ける必要があります(介護保険でサービス提供されるものは対象外です。)

ーーーーーーーーーーー

必要なもの:印鑑、身体障害者手帳

相談日:10月23日(金)9時30分~12時

場所:姫路市役所10階(姫路市安田4丁目1)

申込期限:10月7日(水)

申込先:太子町社会福祉課

079-277-1013

2020年播磨工芸美術展併設公募展 作品募集

チラシによると下記のようになっています。

播磨で活躍する工芸作家「播磨工芸会」による美術工芸作品の展覧会に合わせ、新人工芸作家の発掘と育成を図り、工芸美術の振興と市民芸術文化の発展に寄与することを目的として、工芸作品を広く募集した公募展を行います。

ーーーーーーーーーーーーー

受付日時:8月29日(土)10時~17時、8月30日(日)10時~15時

受付場所:姫路市書写の里・美術工芸館

ーーーーーーーーーーーーーーーー

会期:9月5日(土)~10月18日(日)

会場:姫路市書写の里・美術工芸館(企画展示室・一般展示室)

作品対象:美術工芸(陶芸・漆芸・七宝・人形・革工芸・染織・木工・ガラス・金工・その他)

作品規格:

①平面作品:壁面展示が可能で、たて125cm横65cm厚さ10cm以内、重さ10kg以内

②立体作品:展示した状態で幅+高さ+奥行きの合計が90cm以下で、重さ20Kg以内

応募資格:どなたでも無料で応募できます。

出品点数:一人2点以内

賞金:グランプリ1点(5万円)・準グランプリ2点(1万円)・播磨工芸会賞1点(1万円)ほか

詳細は、https://www.city.himeji.lg.jp/kougei/

姫路市書写の里・美術工芸館 夏休み子どもミュージアム~すごい技をみてみよう!~

チラシによると下記のようになっています。

わたしたちの暮らす播磨地域には、昔から受け継がれてきた様々な工芸品があります。

この展覧会では、播磨地域に関連の深い工芸品を中心に、作品を通じで様々な工芸の技を紹介します。

ーーーーーーーーーーーーー

期間:7月18日(土)~8月30日(日)

開館時間:10時~17時 入館は16時30分まで

休館日:毎週月曜(8月10日は開館)、8月11日(火)

入館料:一般310円(250円)、大学・高校生210円(160円)、中学・小学生50円(40円)

※( )内の料金は20人以上の団体

※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方、及び介護者一人、どんぐりカード、ひょうごっ子ココロンカード提示の小中学生、姫路市在住の65歳以上の方、幼児無料

ーーーーーーーーーーーーーーーー

問い合わせ

姫路市書写の里・美術工芸館

でんわ:079-267-0301

https://www.city.himeji.lg.jp/kougei/イベントもありますので、ホームページをご覧ください。

ひめじサポステ業界人の話を聞こう!未来セミナー 歯科助手のお仕事

チラシによると下記のようになっています。

企業で働く先輩や、経営者・人事担当者の方に働くためのヒントや業界のおはなしなどお伺いします。

ーーーーーーーーーーー

講師:渡邊歯科医院 院長 渡邉啓二さん

「歯科助手としての仕事のやり甲斐を求めて」

歯科助手のお仕事の内容や、やりがいについてお話しいただきます。

〇講師からメッセージ

最初に仕事内容を習得してしまうと生涯を通してやり通せる仕事です。何らかの理由で一度退職しても、再度求職する時に経験があればとても有利です。診療所に勤務しながら歯科助手の資格が取れます。

日時:8月20日(木)15時30分~16時30分

会場:ひめじ若者サポートステーション

対象:無業の状態にある方(15~49歳)

参加無料

申込:ひめじ若者サポートステーション

でんわ:079-222-9151

メール:info@himeji-wakasapo.com

http://www.himeji-wakasapo.com/

〒670-0923

姫路市呉服町48 大手前通りハトヤ第1ビル6階

開所時間:月~土(第2第4土曜休み)10時~17時