畳堤(たたみてい)

畳堤は、災害時には、たたみを差し込んで水を防ぎます。

この堤防は、市内でも揖保川の流域の何箇所かで見ることができます。

通常の堤防よりも、少ない土地で建設でき、景観にも配慮したものとなっています。

近年実際にたたみを用いての訓練も行われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です